コラム|大森で歯科をお探しの方は【れいな歯科】まで

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30

:9:00~14:00
休診日:水曜/日曜/祝日

〒143-0016
東京都大田区大森北1-22-2
山王ビル2F

tel. 03-3765-2601
  • 電話
  • 地図
  • メニュー

「フッ素」によるむし歯予防の効果と評判は?

皆さんこんにちは。

大田区大森駅近くの「れいな歯科」です。

 

お子様を歯医者さんに連れて行くと、「フッ素塗布をしましょう」と言われたことがあると思います。
また、CMなどで「フッ素配合」という言葉も耳にしたことがあるのではないでしょうか。
そのため、「フッ素は歯に良い」ということは皆様ご存知だと思います。

では、なぜフッ素が歯に良いのでしょうか?
今回は、フッ素についてお話いたします。

 

フッ素ってそもそもなに?

フッ素はと、自然界にも存在するミネラル成分です。
純粋なフッ素(F2)は常温では気体ですが、非常に不安定な物質のため、自然界ではNaF(フッ化ナトリウム)などの化合物として存在しています。

歯科で用いる「フッ素」と呼ばれるフッ化物もこれと同じ成分で、お茶、にぼし、こんぶなどのほとんどの食品に含まれるほか、水道水や母乳にも含まれています。
「フッ素は身体に悪くないんですか?」と聞かれることがありますが、このように安全なものです。

 

フッ素のはたらき

乳歯や生え変わったばかりの永久歯は、隙間が空いていたり、酸に弱い炭酸カルシウムなども多く混ざっていたりするため、非常に弱い状態です。

歯は、食事の度に溶かされてカルシウムなどが溶け出す「脱灰(だっかい)」と、だ液の働きで再びカルシウムは歯に取り込まれて修復される「再石灰化」を繰り返しており、これによって弱かった歯も次第に丈夫なものへ変化していきます。

フッ素には「歯の再石灰化を促す効果」があり、歯が溶けることを防ぎ、歯の質を丈夫にしてくれるのです。
さらに最近の研究で、フッ素は「むし歯菌の発育の抑制」や、「むし歯菌の酸の産出を抑制する効果」があることも分かって来ました。

 

フッ素の利用法

市販の歯みがき剤にも「フッ素配合」をうたっているものが多く販売されています。
これらは一般の方が使うため、フッ素濃度は低めにおさえられています。
一方、歯科医院で塗布するフッ素は高濃度なものとなっており、市販品の10倍程度にもなります。

とはいえ、低濃度のフッ素でも、毎日使い続ければ歯を脱灰から守る効果が期待できますし、なにより簡単にフッ素を使うことが可能です。
毎日のご自宅でのフッ素使用と、定期的な歯科医院でのフッ素塗布で、上手にフッ素を利用しましょう。

 

まとめ

お子さんに使用するイメージが強いフッ素ですが、もちろん大人の方にも有効です。
加齢などで歯ぐきが下がって行くと、歯の根が露出してしまいます。
この部分は非常にデリケートで、しっかりケアしないとむし歯や歯周病を引き起こやすくなっています。
また、食生活やホルモンバランスの変化、つわりなどのある妊娠中の女性にも効果的です。

ご家族皆様でフッ素を有効活用していきましょう。