コラム|大森で歯科をお探しの方は【れいな歯科】まで

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30

:9:00~14:00
休診日:水曜/日曜/祝日

〒143-0016
東京都大田区大森北1-22-2
山王ビル2F

tel. 03-3765-2601
  • 電話
  • 地図
  • メニュー

人気のインプラント治療、メリットとデメリットは?

皆さんこんにちは。

大田区大森駅近くの「れいな歯科」です。

 

入れ歯やブリッジに続き、義歯として最近人気の「インプラント治療」。
ほかの2つにはないメリットがたくさんある一方、どの治療方法でもデメリットは付き物。

今回は、インプラント治療のメリットとデメリットについてご説明いたします。

 

インプラント治療のメリット

インプラント治療の最大のメリットは、「健康な歯に影響を与えない」ということです。

ブリッジにする場合には、両隣の健康な歯も削る必要があり、部分入れ歯もほかの歯にバネをかけるため、ほかの歯にも負担をかけてしまいます。
インプラントはほかの歯に負担をかけず、その部分だけで治療することが可能です。

また、インプラントは顎の骨にインプラント体を埋め込むため、しっかり噛むことができます。
これが取り外し式の入れ歯の場合は、安定感が少ないために噛む力が弱くなってしまったり、食べ物が挟まってしまったりするため、天然歯のように食事をすることが難しくなってしまいます。

さらに、見た目が自然なことも人気の高い理由です。
ブリッジや入れ歯は保険診療の範囲で治療が可能ですが、使える素材がプラスチックのため、時間の経過で黄ばんできてしまったり、奥歯の場合には銀歯で目立ったりしてしまいます。
入れ歯はバネが見えて気になることもあります。

ほかにも、インプラントは顎の骨まで振動が伝わることで骨がやせるのを防いだり、認知症予防につながったりします。

 

評判のインプラント治療、デメリットもある?

インプラントの最大のデメリットは、費用が高くなることです。
インプラントは保険のきかない治療なので、保険診療が可能なブリッジや入れ歯に比べると治療費が高くなってしまいます。

また、あごの骨にインプラント体を埋める手術を行う必要があるので、肉体的な負担がかかり、
骨に定着するまでに3~6カ月程度と時間もかかってしまいます。

さらに、歯周病と同じような「インプラント周囲炎」を起こすことがあります。
歯周病と同じく初期症状があまりなく、進行すると最悪の場合は顎の骨を溶かしてしまいます。

 

効果を発揮しやすい症例

インプラント治療がおすすめなのは、失った歯の周りの歯にもダメージがある場合です。
このような歯にブリッジや部分入れ歯を使うと、その歯が負担に耐えきれずにだめになってしまいますが、インプラントであれば他の歯への負担がないためです。

逆に、ケガなどによる欠損でまわりの歯が健康な場合も、ブリッジだと削らなければならないため、その必要がないインプラントにすることで、健康な歯をそのままキープすることが可能です。

 

まとめ

このように、インプラントはメリットの多い治療です。
当院では、しっかりとしたカウンセリングで最適な義歯をご提案いたします。