コラム|大森で歯科をお探しの方は【れいな歯科】まで

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30

:9:00~14:00
休診日:水曜/日曜/祝日

〒143-0016
東京都大田区大森北1-22-2
山王ビル2F

tel. 03-3765-2601
  • 電話
  • 地図
  • メニュー

当院での衛生管理について

皆さんこんにちは。

大田区大森駅近くの「れいな歯科」です。

 

新型コロナウイルス感染拡大により、皆さんが歯科医院の衛生管理に対して、以前よりも注目なさるようになりました。
そこで今回は、当院の衛生管理についてご説明いたします。

 

歯科医院での「細菌感染」とは

歯科治療では、歯や詰め物・被せ物を削った際の粉塵や出血などが発生するため、それらが診察室内に飛び散る可能性もじゅうぶんにあります。
ですので、そこに含まれた細菌が診察や治療に用いる器具などを経由して、ほかの患者さんやスタッフに感染してしまう可能性もあるのです。
その状態が「院内感染」で、一時期器具の使いまわしなどにより発生したため、社会問題になったこともありました。

 

滅菌器の「クラス」って?

器具を消毒する「高圧蒸気滅菌器」は、ヨーロッパ基準の「EN13060」により、性能により以下のようにクラス分けされています。

 

クラスN

包装されていない固形器具の使用可能な滅菌器で、滅菌後は保管せずに使用しなければなりません。

 

クラスS

クラスNで滅菌可能な器具に加え、滅菌器のメーカーが指定した特定の器具の滅菌も行えます。
クラスBに次ぐ性能で、大抵の器具はクラスSの滅菌器でも対応が可能です。
 

クラスB

大型の高圧蒸気滅菌器の規格に準拠したもっとも高性能な滅菌器です。
すべての種類の器具に対応し、院内環境の整備に大いに貢献します。
 

 

当院では、「クラスB」の滅菌器を使用して、治療に使用する器具を滅菌しています。

 

評判の「次亜塩素酸水」とは?

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、新型コロナウイルスに対して有効な消毒薬が注目されています。
それに伴い、新型コロナウイルスへの殺菌効果が期待でき、人体にも影響が少ない「次亜塩素酸水」にも注目が集まり、多くの製品が販売されるようになりました。

しかし、正しい次亜塩素酸水の生成方法とは違った作り方の商品が出回り、一時期ニュースでも取り上げられる自体が起きました。

 

当院で使用する次亜塩素酸水は「フィリオ30」という弱酸性の「次亜塩素酸水溶液」で、有効塩素濃度500ppmでウイルスや細菌を短時間で不活化する作用、タンパク質を凝固させずに除去する作用があります。
「フィリオ30」は、特許製法により生成される全く新しい「次亜塩素酸水溶液」であり、安全性が高く、ウイルスや細菌に対して効果のあるものです。

 

まとめ

このように当院では、新型コロナウイルス感染拡大以前から徹底した衛生管理につとめております。
また、医療用空気清浄機の導入や、スタッフの健康管理などにもじゅうぶんに配慮しております。
皆さま、どうぞ安心してご来院ください。