コラム|大森で歯科をお探しの方は【れいな歯科】まで

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30

:9:00~14:00
休診日:水曜/日曜/祝日

〒143-0016
東京都大田区大森北1-22-2
山王ビル2F

tel. 03-3765-2601
  • 電話
  • 地図
  • メニュー

評判の「歯磨きアイテム」とは?

皆さんこんにちは。

大田区大森駅近くの「れいな歯科」です。

 

皆さんは毎日の歯磨きの際、何を使っていらっしゃいますか?
「歯ブラシだけしかつかっていない」という方も多いかと思います。

ですが、歯ブラシだけでは磨きづらい部分もあり、そこからむし歯や歯周病が発生することもあるのです。
今回は、歯磨きの時におすすめしたいアイテムをご紹介します。

 

歯ブラシで落とせる汚れ

歯ブラシは、歯磨きの際に基本となるアイテムです。
ですが、歯ブラシで磨けるのは歯の表面などブラシが届きやすい部分だけ。
歯と歯の間にはどうしてもブラシが届きにくく、磨き残しが出てしまうのです。

ある統計によれば、歯ブラシによるブラッシングだけでは、歯と歯の間のプラーク(歯垢)の61%しか取り除くことができませんでした。
これではせっかくの歯磨きも効果がありません。

 

歯間の汚れを取るアイテムは?

そこでおすすめしたいのが、「歯間ブラシ」と「デンタルフロス」です。
どちらも歯ブラシ売り場に置いてあるのを見たことがあると思います。

歯間ブラシは「L字型」と「I字型」がありますが、どちらも歯と歯の隙間が広い部分や、ブリッジをお使いの方に適しています。
また、歯周病で歯の根っこが露出している場合なども隙間が広くなっているため、歯間ブラシで磨くことをおすすめします。

歯が重なっていたり、隙間が細くて歯間ブラシでは届かない場所には「デンタルフロス」を使います。
持ち手があるものとないものがあり、持ち手があるものの方が使いやすいかもしれませんが、慣れてしまえば持ち手のない「ロールタイプ」の方がどこでも自在に通すことができ、コスト的にもおすすめです。

先ほどの統計によれば、デンタルフロスを併用すると79%、歯間ブラシを加えると85%まで除去できました。

 

プロによるクリーニングもおすすめ

お気づきの方もいるかもしれませんが、ここまでしても残り15%は磨き残しが出てしまいます。
そのため、定期的に歯科医院でプロによるクリーニングを受けると、ほぼ磨き残しがなくなります。
クリーニングでは、ご自分では取り除くことができない歯石を除去するほか、お茶やヤニなどによる「ステイン」と呼ばれる汚れも取り除くことが可能です。
基本的なクリーニングであれば保険診療でできますし、初期のむし歯や歯周病のチェックもしてもらえます。

 

まとめ

このように、毎日の歯磨きに歯間ブラシやデンタルフロスを取り入れることで、歯磨きの効果はアップします。
毎回でなくても、1日1回、寝る前などの歯磨きの際に使うだけでも構いませんので、取り入れてみてはいかがでしょう?
また、歯科医院での定期ケアも行えば、ずっとトラブル知らずのお口で過ごせるのでおすすめです。